隔離病棟

他人の構築をパクって劣化させるのが趣味

WCS2016   構築 一般ポケモン 雑記  (次もあるよ)

 

 

f:id:DTmamoru:20160103132728j:plain

 

 

WCS2016予選までには書き上げたい。

 

 

前回、

mamoyan.hatenablog.com

 

 

 

の記事で「伝説ポケモン」の考察を適当に書き殴りましたが、

今回は一般ポケモンの考察を適当に書きます。

 

f:id:DTmamoru:20160324235705j:plain

 

まず現在のスペシャルレート(VGC2016ルール)におけるポケモンの使用率が

こちら。続いて2015年2月頃に行われたジェネレーションルールの使用率が

 

 

f:id:DTmamoru:20160103133133j:plain

 

こちら。そして最後に2016年1月に行われたINC大会の使用率が

 

 

f:id:DTmamoru:20160325000039j:plain

 

こちら。ザッと全体で言える点としては

 

・ ゲンシグラードンは相変わらずNo.1。恐らく本戦でもNo.1

 

・ ゲンシカイオーガが着々と勢力を伸ばし、グラードンに迫る勢い

 

・ レックウザは1回減ったが、カイオーガに釣られる形でまた増えてきた

 

・ ゼルネアスは1回増えたが、やや微減。

 

・ ボーマンダがかなり数を伸ばす。ナットレイも徐々に増えてくる

 

・ クレセリアが登場から減少傾向。クチートはかなり減った。

 

・ ドーブル、ボルトランドあたりは相変わらず

 

 

環境変遷としてはまあそんな感じでしょうか。

 

 

 

では一般枠を適当に考察しましょう。

一般枠に求められる役割とは何か。

色々ありますが基本は「サポート」です。

 

全国ダブルに加えると、サポート特化のポケモンがやや増えている印象。

このルールは火力インフレが激しく、伝説ポケモンの超火力を止められる

ポケモンはなかなかいないので、彼らをサポートすることが勝利に繋がります。

 

が、「サポート」の形は何も味方の伝説ポケモンを助けるばかりではありません

「火力」による伝説ポケモンへの縛り、「メタ」による伝説ポケモンの行動制限、

これらもまた「サポート」の1つです。

 

基本は伝説ポケモンを中心に組む構築が多いです。

もちろんそうじゃない構築もあります。

とりあえず考察していきましょう。

 

 

 

【 BIG6構成員 】

 

VGC2016を語るにおいて、この6匹の構築はまず外せません。その6匹とは

 

f:id:DTmamoru:20150215181437j:plainf:id:DTmamoru:20150215181613j:plain

f:id:DTmamoru:20160325001454j:plainf:id:DTmamoru:20150215181318j:plain

f:id:DTmamoru:20160325001516j:plainf:id:DTmamoru:20150215181414j:plain

 

この6匹です。グラードンゼルネアスを伝説枠とし、残りを

メガガルーラ、メガボーマンダファイアロードーブルで構成する

組み合わせ。VGC2016ではテンプレ中のテンプレ構築で、

この構築、あるいはその亜種構築が数多くの大会で優勝しています。

以下個別に解説。技欄はよく見た技、対戦で見て凄いなと思った技など。

 

f:id:DTmamoru:20150215181318j:plain

 

我らがガルモン。数々のトラウマを植え付けてきた6世代の破壊者は

このルールでも強いです。ねこだましすてみタックルの縛り性能は

伝説ポケモンといえども例外ではなく、耐久調整をする場合はまず

このメガガルーラを基準にして行われます。基本はASですが、

耐久調整をメガガルに施す構築も結構います。

 

ねこだましすてみタックルグロウパンチ・けたぐり・ほのおのパンチ・

ふいうち・おんがえし・れいとうパンチ・しんぴのまもり・ほえる

 

 

f:id:DTmamoru:20160325001454j:plain

 

ORASから新規に登場したメガボーマンダ。S120からのA145にC120、

さらに特性スカイスキンで安定した削り性能が見込めます。

Bが130あり、メガシンカ前のいかくもかなり強力です。

ゲンシグラードンに有利な耐性を持ち、半減されにくい飛行技をメインに

据え、ゲンシカイオーガやメガレックウザにも有利な立ち回りが期待できます。

基本的な努力値はASまたはCSですが、十中八九両刀で運用されます。

 

すてみタックルハイパーボイス・おいかぜ・りゅうせいぐん・まもる・

ギガインパクトはかいこうせんだいもんじ・ねっぷう・ずつき

 

 

f:id:DTmamoru:20160325001516j:plain

 

6世代新規参入のファイアローはやてのつばさブレイブバードによる

縛り性能が魅力的で、追い風やトリックルーム下でも相手の先手を取ることが

できます。自身も追い風を覚え、味方のサポートにも使えます。

攻撃技にブレイブバードフレアドライブを覚え、特にフレアドライブ

ファストガードをくぐり抜ける技として重宝されます。自身もファストガードを

覚えるので、こちらも味方のサポートに使えます。

 

 

ブレイブバード・ファストガード・おいかぜ・フレアドライブ・ちょうはつ・

つるぎのまい・まもる

 

 

f:id:DTmamoru:20150215181414j:plain

 

ほぼ全ての技を習得することができるドーブル。もちろん要対策ポケモンです。

何と言っても脅威なのが技スケッチによる択の多さ、そして特性「ムラっけ」。

特性ムラっけによる命中率UP、回避率UPはそれだけで戦局を一変させます。

 

ならばとドーブルを早く倒そうとするとニードルガードで攻撃を防がれ、

相方の伝説ポケモンの攻撃がこちらに直撃したり、ドーブルを無視しようと

するとダークホールが飛んできたり、挑発で機能停止させようとすると

トリックガードが飛んで来る、そんなポケモンです。

ドーブルを制するものは世界(WCS)を制す」。

 

 

ニードルガード・トリックガード・ダークホールこのゆびとまれねこだまし

ワイドガード・へんしん・キングシールド・ファストガード・ぜったいれいど

 

 

 

【 それ以外のポケモン(火力重視) 】

 

 

f:id:DTmamoru:20160325003742j:plain

 

 

特性いかく、A145、S91と絶妙な高種族値を兼ね備えるポケモン

状況にもよりますがゲンシグラードン、ゲンシカイオーガなどに

比較的強く立ちまわることができます。地味に補助技なりきりを

覚えることができ、天候かきかえによるゲンシグラードンの無力化なども

できます。とはいえ基本はじしん、いわなだれ、だいばくはつでしょう。

持ち物は大体ハチマキかスカーフかチョッキで種族値を底上げします。

 

 

じしん・いわなだれ・だいばくはつ・ばかぢから・とんぼがえり・なりきり・

はたきおとす・まもる・だいちのちから・めざめるパワー

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325004511j:plain

 

特性ちからもち、鋼フェアリーという恵まれたタイプを持つメガクチート

攻撃力もさることながら優秀な耐性と絶妙な耐久で場を荒らします。

メガシンカ前のいかくもあり、思った以上の物理耐久があります。

伝説ポケモンに対しては、ゲンシグラードンやホウオウはややキツイものの

それ以外の伝説ポケモンには攻撃を通す状況に持ち込むことが可能です。

特にゼルネアスイベルタル、炎技を持たないメガレックウザなどは

苦しい展開になるでしょう。基本はHAですがS調整や耐久調整することも。

 

 

じゃれつく・アイアンヘッド・ふいうち・まもる・はたきおとす・ほのおのキバ

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325005110j:plain

 

S122というほとんどの伝説ポケモンの上を取れ、特性へんげんじざいによる

火力の底上げ、豊富な攻撃技などで場を荒らすポケモン

ゲンシカイオーガ、メガレックウザイベルタルゼルネアスと使用率の

高い伝説ポケモンの弱点をつくことができ、ゲンシグラードンにも

くさむすびで大きなダメージを与えることが可能。一般ポケモン

対してもけたぐりでメガガルーラを処理できたり、れいとうビーム

メガボーマンダを処理できたり、と広い範囲に刺せることができる。

 

 

れいとうビーム・ダストシュート・くさむすびあくのはどう・けたぐり・まもる

 

 

 

f:id:DTmamoru:20150108062037j:plain

 

鋼ゴーストという恵まれたタイプにくわえ、バトルスイッチという独特の特性で

種族値を底上げすることが可能なポケモンゼルネアスやメガレックウザなどに

比較的強く、ワイドガードも覚えるので全体技にも耐性がある。

言うまでもなくキングシールドも強力で、上手くハマれば相手の場を

相当引っ掻き回すことができる。もちろん自身の攻撃力も高い。

 

 

キングシールド・ワイドガード・シャドーボール・ジャイロボール・

アイアンヘッド・かげうち・みがわり・ラスターカノン

 

 

f:id:DTmamoru:20160325005820j:plain

 

言わずもがなスキン+ハイパーボイスが強力。耐久もそこそこあり、特に

ゲンシカイオーガの雨下潮吹き(ダブルダメ)を耐えられるのは優秀。

D特化していれば手助け込みでも乱数1となり運が良ければ耐えられる。

フェアリー技の攻撃範囲の広さもさることながらブイズ特有の補助技も

使えるので意外と起用。メガシンカ枠を消費しないのも大きい。

 

 

ハイパーボイス・まもる・てだすけ・でんこうせっかシャドーボール

はかいこうせんマジックコート・めざめるパワー・サイコショック

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325011524j:plain

 

一般ルールではあまり見ることのないポケモンだが、隠れ特性サンパワーに

加え、S109という速さ、ノーマルでんきという恵まれた攻撃タイプの持ち主。

サンパワーによる実質C189相当からのはかいこうせんハイパーボイス

脅威の一言であり、Dの高いゲンシカイオーガに対してもタイプ一致雷が打てる。

 

補助技も意外と器用なものが揃っており、ダブル特有の「送電」は

相手の攻撃技を電気タイプに変えるという独特な仕様を持っている。

ゲンシグラードンミラーでは相手の断崖をでんきタイプに変える等大いに

役立つことだろう。なお送電は電気技であるがじめんタイプにも有効である。

あとは単純ながらへびにらみ、エレキネットなどが強力である。

 

はかいこうせん・かみなり・ハイパーボイス・そうでん・へびにらみ・

エレキネット・まもる・10まんボルト・ボルトチェンジ

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325012619j:plain

 

あく・ドラゴンという高い一貫性を誇る攻撃タイプ、C125S98、地面技を

スカせる特性ふゆうなどが強力。特にゲンシグラードン、ゲンシカイオーガ

両ゲンシポケモンに対してある程度有利になることができる。

ゼルネアスにはかなり弱いが、メガクチートに対してはだいちのちから、

かえんほうしゃなどで対抗策を持つことができる。一応ラスターカノンもある。

 

基本的にはスカーフをもって高速低耐久ポケモンを処理するか、メガネをもって

一貫性の高い高火力技を押し付けていくパターンのどちらか。

 

 

あくのはどうりゅうせいぐん・だいちのちから・かえんほうしゃ

だいもんじりゅうのはどうラスターカノン・ねっぷう・おいかぜ・まもる

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325013654j:plain

 

ドラゴン技による一貫性の高さ、特性浮遊、S110C130の高スペックを持つポケモン

サザンドラとの違いはエスパータイプを所持することにより、フェアリーにも

打点が取れること、毒タイプに一致で弱点がつけること等である。

特にこのルールではクロバット、ゲンガー、モロバレルなどフェアリー耐性から

毒タイプのポケモンは採用されやすく、やや環境メタな使われ方もされている。

 

動かし方自体はサザンドラに近いが、おいかぜ、おきみやげ、トリックなど

サポート技も多く習得できるのが特徴的である。味方の体力を回復させる

いやしのはどうもこのルールならではだろう。

 

 

サイコキネシスりゅうせいぐんれいとうビーム・おきみやげ・トリック・

かみなり・くさむすび・いやしのはどう・おいかぜ・サイコショック・まもる

 

 

 

f:id:DTmamoru:20160325014754j:plain

 

S108、A129という恵まれた種族値から岩格闘という範囲の広い攻撃タイプが

優秀。このルールで使われやすいメガガルーラに強く、メガボーマンダにも

一致で弱点を通すことができる。またエルフーンないしマニューラ

袋叩き+せいぎのこころによる火力上昇コンボも健在で、一般ポケモンとしては

かなり強力な攻撃力を生み出すことができる。

 

構築としてはやはり前出のエルフーンマニューラなどと組む事が多い

使い方自体も全国ダブルとそう変わらないだろう。

 

 

いわなだれ・インファイト・まもる・じしん・にどげり・ファストガード・

アイアンヘッド・シザークロス・ストーンエッジ・てだすけ

 

 

f:id:DTmamoru:20160325015808j:plain

 

S90C135、単ノーマルに特性適応力と高い火力を持つポケモン

やることは至極単純明快で、はかいこうせんで1匹持っていくか、

さわぐを選択し催眠耐性をつけつつ相手を殴るか、トライアタックで

相手を削るか、という3択である。基本殴ることが前提になりやすい。

 

このポケモンに限ったことではないが、はかいこうせんギガインパクト

無理やり伝説ポケモンを持って行こうとする一般ポケモンはわりとよくいるため

VGC2016をする時はある程度頭に入れておくと勝ちやすくなる・・・・かも

 

 

はかいこうせん・さわぐ・トライアタック・あくのはどうれいとうビーム・トリック

 

 

 

 

気が向いたら更新したり次回も書くよ(予定は未定)