隔離病棟

他人の構築をパクって劣化させるのが趣味

BWで長く使ったPTの一覧

覚えている限り

f:id:DTmamoru:20120606114201p:plainf:id:DTmamoru:20120606114210p:plainf:id:DTmamoru:20120606114256p:plainf:id:DTmamoru:20120606114249p:plainf:id:DTmamoru:20120606114243p:plainf:id:DTmamoru:20120606114220p:plain

初期の方で使っていたカバドリ

典型的なカバルドンドリュウズにサポートラティオスを混ぜる

キノガッサウルガモスあたりに繋いでいくことも。そこに汎用性の高いボルトロスを採用

 

カイリュー、グライオン、ローブシン等の流行に伴い解体

 

f:id:DTmamoru:20120517000348p:plainf:id:DTmamoru:20120517000409p:plainf:id:DTmamoru:20120606114806p:plainf:id:DTmamoru:20120606114738p:plainf:id:DTmamoru:20120606114800p:plainf:id:DTmamoru:20120606114751p:plain

初期受けループ。当時流行っていたラッキーグライオンソーナンスに高種族値を混ぜて全体で見るパ

当時流行っていた挑発呪われブルンゲル対策に零度スイクンを投入し、どくみがまもヒードラン

どくどく搭載のラッキーグライオンで粘るPT。しかしラッキーはほとんどベンチウォーマーであった。

 

当初から重かったバンギラス、加速バシャーモの流行により解体

 

f:id:DTmamoru:20120606115507p:plainf:id:DTmamoru:20120606115522p:plainf:id:DTmamoru:20120606115530p:plainf:id:DTmamoru:20120606115549p:plainf:id:DTmamoru:20120606115558p:plainf:id:DTmamoru:20120606115640p:plain

特に何も考えずに作った雨パ+マンムーの組み合わせ

バンギラスエアームドの流行を受けて制作

綿密な調整も何もなく、ほとんどが他の流用なので完成度は低い。

このPT制作以降自分の中で起点にされやすいナットレイ嫌いが進み、

気がつけばお蔵入りと化していた

 

 f:id:DTmamoru:20120606120158p:plainf:id:DTmamoru:20120606120206p:plainf:id:DTmamoru:20120606120213p:plainf:id:DTmamoru:20120606115558p:plainf:id:DTmamoru:20120606120241p:plainf:id:DTmamoru:20120606114220p:plain

ほぼ同時期に作ったバンギラスエアームドの組み合わせ

しかし制作までに紆余曲折が入りPTそのものは二転三転している(特に後ろ2匹)

バンギラスはHDにがっつり振って鉢巻を持たせ昔のHD鉢巻ヘラのように安定感とそこそこの破壊力を

持たせ、エアームドはBにガッツリ振ってさらに鉄壁とどくどくを装備。

ドリュウズの身代わりを破壊しウルガモスバシャーモを潰せるブレイブバードも習得している。

ヤドランにはトリックルームを持たせて素早さ上昇系の積み技に対抗。

 

結局結果を出す前に飽きてしまい、お蔵入りに。

 

f:id:DTmamoru:20120606120158p:plainf:id:DTmamoru:20120606114738p:plainf:id:DTmamoru:20120517000409p:plainf:id:DTmamoru:20120606115549p:plainf:id:DTmamoru:20120606121234p:plainf:id:DTmamoru:20120606121244p:plain

バンギラス+夢グライオンの組み合わせ

積み技ホイホイだと感じたため水氷に対処しやすいエンペルト、炎に対処しやすいカイリューを起用

エンペルトは火力重視で眼鏡を持たせ耐久調整を、カイリューは思考停止で最速鉢巻に。

あとは相手のバンギラスエアームドを想定し圧力をかけやすいゴウカザルを襷で起用する。

 

バンギラスエアームドの没落や、もともと他人のPTをパクって改悪した感もあって、

結局大した運用もないままお蔵入りに。これ以降受けループのような構築は自然消滅する。

 

 f:id:DTmamoru:20120606121757p:plainf:id:DTmamoru:20120606121919p:plainf:id:DTmamoru:20120606115541p:plainf:id:DTmamoru:20120517000409p:plainf:id:DTmamoru:20120606122258p:plainf:id:DTmamoru:20120606121907p:plain

4月下旬頃に考えた腫れパ。キュウコンウツボットを軸にして、炎に強くて単体でも腐りにくい

カイリューとアバゴーラを採用し、ここにソーナンスダグトリオを入れてサイクルを破壊させるPT

ウツボットは命の珠を所持させ、成長による特攻2段階上昇のヘドロ爆弾でラティオス

ウルガモスなどを突破できるようにし、眠り粉を所持して安全に積める状況を作り出す。

バンギラスヒードランが重いのでカイリューにかわらわりを仕込み、ダグトリオには

安全かつ高確率に敵を突破すべく地割れを搭載してソーナンスのアンコールから繋げる作戦

 

ダグトリオを他のポケモンに交代させようと考案しているうちに別のPTに熱が入り、

事実上お蔵入りと化している。